ブルベならどんなCCクリームがおすすめ?

ブルーベースの人のCCクリームは?


ブルーベース
の肌は、色白で化粧が映えるのが特徴。

 

ファンデーションを塗る前には、化粧水や乳液で肌を整えた後に化粧下地を塗ることになりますが、この下地にはさまざまな種類があります。
ブルベの人が迷った時にはCCクリームがおすすめ。

 

CCクリームは、休日にも出かけずに家にいるだけであってもすっぴんのままでいることに抵抗がある人でも、さっと塗るだけでナチュラルメイクに見せることができるので、一つ購入しておくと大活躍をすることになります。

 

CCクリームは、肌の色をカラーコントロールをしてきれいに見せるだけでなく、肌をケアする成分が豊富に含まれているという点も魅力です。
化粧水や乳液を塗っていても不足しがちなうるおいを補ってくれるとともに、肌の色の調整もできます。

 

CCクリームでは、リキッドファンデーションのように肌色のものも多いのですが、カラーコントロール機能が備わった商品も用意されています。
ピンクやイエロー、グリーンなどさまざまなカラーバリエーションが用意されている商品もありますが、ブルべともよばれるブルーベースの方には特におすすめです。

 

ブルべは、肌に透明感を出すことができる色味でもあります。
肌の色が濃くて色白肌には程遠いという肌色の人であっても、透明感はまた別の問題となってきます。
塗り重ねていても透明感が出るので、色に迷ったらライトよりがおすすめです。

 

ブルベにおすすめのCCクリーム活用法

ブルベの人の場合、CCクリームは下地として顔一面に均等になるように塗るだけでも顔全体に透明感を与えることができますが、肌の色を白く見せてしまうことから白浮きをしてしまう可能性もあります。

 

耳や首の近くではメイクをしている部分としていない部分との差が出てしまうことになるので、より自然で透明感を出すためにも中心部分は濃いめに塗っても外側に向けて薄く塗るようにします。
チューブからCCクリームを手に取ったら、顔の中心につけたあとに上下左右の外側に向かって伸ばすようにして塗ると自然な仕上がりになります。

 

また、全体的に塗るだけでなく部分的に使うこともできます。
肌の色が濃い人にとっては、ライトは色が白くなりすぎてしまうこともあります。

 

しかし、ハイライトとして使用すれば役立つことになります。
ファンデーションを塗った後からシャドーやチーク、ハイライトのためのパウダーなどを使用して凹凸をつけることもできますが、下地から凹凸をつけておくことでそのあとのメイクを楽にすることにも役立ちます。

 

鼻の上や瞼、額や頬など出ている部分にライトのCCクリームを塗っておくと、塗った時には白くなりすぎると思っていても上からファンデーションを塗るとなじんで、自然な凹凸のある引き立つ顔に仕上げることができますよ。


ブルーベース(ブルベ)の人のCCクリームの選び方!化粧下地のおすすめは?関連ページ

すっぴんも肌に悪い!?おすすめ化粧下地は?
化粧下地のおすすめは何!?汗をかいても崩れない!テカらない!そして肌にも優しく、化粧のりが良くなってコストパフォーマンスも良い!そんな理想の化粧下地をお探しの方のために、”崩れない”化粧下地の口コミサイトでの人気ランキングをご紹介しています♪
UVケアはお肌の”保険”化粧下地でケアできる
化粧下地のおすすめは何!?汗をかいても崩れない!テカらない!そして肌にも優しく、化粧のりが良くなってコストパフォーマンスも良い!そんな理想の化粧下地をお探しの方のために、”崩れない”化粧下地の口コミサイトでの人気ランキングをご紹介しています♪
どうして冬は肌が痛むの!?化粧下地で肌を守ろう!
化粧下地の役割は、単なるベースメイクだけではありません。化粧下地はお肌に一番最初に乗せるものですから、”お肌を守る”という大切な役割もあるんです!
イエローベース(イエベ)の人のBBクリームの選び方!おすすめ化粧下地
ブルーベース(ブルベ)の人のBBクリームの選び方!おすすめ化粧下地
イエローベース(イエベ)の人のCCクリームの選び方とは!?おすすめ化粧下地
イエベとブルベがわからない人の判定方法!おすすめの化粧下地は?