すっぴんも肌に悪い?肌のためにするメイク

すっぴん

お肌が荒れている時や疲れている時に、肌のことを思って日中でもあえて「すっぴん」で過ごされている方も多いのではないでしょうか?
肌のことを思ってしていた「すっぴん」での生活も、実は逆効果なことがあるのです。

 

特に日中、すっぴんでの外出は肌に悪影響を与えてしまいます。
すっぴんで外出することによって、紫外線の影響を直接肌に受けることになります。

 

紫外線には、メラニンの育成を促してシミなどをできやすくする他にも、肌の乾燥やシワなどの老化現象を促進する働きがあります。
外出しなくても、屋内にいても実は紫外線の影響をうけます。
日の光と一緒に、窓ガラスなどを通して紫外線を浴びてしまうのです。

 

また、空気中の汚れやほこりも肌には悪影響を及ぼします。
毛穴の詰まりや汚れの原因にもり、ニキビや肌荒れを招いてしまう可能性もあります。

 

肌に何もつけない方が良いと思われがちですが、実は化粧品などで様々な外から肌を守っていたのです。
もし、どうしてもメイクができなかったり、すっぴんで過ごさなければならない場合には紫外線対策として、なるべく日焼け止めを塗ったり、十分な保湿を心がけることによって、乾燥や肌への負担を防ぐことがとても大切です。

 

すっぴんの方が老けるのも早い?

お肌に何もない状態、それがすっぴんです。
食物も例えば何も添加されていないものの方が、何となくいいような感じがしますが、実際にはそんなことはなく、加えられているからこそおいしい食べ物、例えばお豆腐(豆乳ににがりを添加)があります。

 

お肌についても同様で、何もしていない状態は無防備で、肌の表面は乾燥し、肌のバリア機能が働かず、紫外線によるダメージにさらされ放題になります。
お肌の新陳代謝がうまくいかず、ニキビやシミしわなど、トラブルが起こりやすくなります。
女性の大敵のシミもまだ薄い出来立ての頃であれば、肌のターンオーバーを促して、残らないよう働きかけられます。

 

見た目に実年齢よりも老けて見えるのも、肌の老化が大きい要素となります。
肌の老化にはシミしわたるみなどが関わりますので、これらも紫外線の影響が大きいものです。

 

肌の水分を保つために保湿をし、乾燥を防ぎ、肌の健康なターンオーバーを守っていくためには、紫外線対策が必要になります。
紫外線から肌を守るために、紫外線が肌の内部に影響を及ぼさないようUVケアなどで皮膚をカバーした方が良いのはそのためです。

 

肌に負担をかけたくないつもりで、すっぴんでいたい気持ちも、もちろん理解できますが、場合によっては肌を守るために積極的に紫外線対策や保湿を行いたいものです。

 


すっぴんも肌に悪い!?おすすめ化粧下地は?関連ページ

UVケアはお肌の”保険”化粧下地でケアできる
化粧下地のおすすめは何!?汗をかいても崩れない!テカらない!そして肌にも優しく、化粧のりが良くなってコストパフォーマンスも良い!そんな理想の化粧下地をお探しの方のために、”崩れない”化粧下地の口コミサイトでの人気ランキングをご紹介しています♪
どうして冬は肌が痛むの!?化粧下地で肌を守ろう!
化粧下地の役割は、単なるベースメイクだけではありません。化粧下地はお肌に一番最初に乗せるものですから、”お肌を守る”という大切な役割もあるんです!
イエローベース(イエベ)の人のBBクリームの選び方!おすすめ化粧下地
ブルーベース(ブルベ)の人のBBクリームの選び方!おすすめ化粧下地
イエローベース(イエベ)の人のCCクリームの選び方とは!?おすすめ化粧下地
ブルーベース(ブルベ)の人のCCクリームの選び方!化粧下地のおすすめは?
イエベとブルベがわからない人の判定方法!おすすめの化粧下地は?