化粧下地は冬こそこだわれ!クラウンセルクリームは保湿力抜群!

化粧下地,崩れない,テカらない,,

 

冬は肌が乾燥しがちな時期です。

 

きちんと保湿しているつもりでも、パウダーやファンデーションをのせると乾燥をより強く感じることもありますよね。
特に、水分の少ないパウダー状のファンデは、肌の水分を奪ってしまう可能性が高まります。

 

また、紫外線は夏より弱くはなりますが、ゼロではないのでノーメイクで出かけることは避けておきたいもの。
しかし、夏のように強い日焼け止めを塗るというほどではありません。
そこで注目したいのが化粧下地です。

 

夏の間日焼け止めを化粧下地の代わりに使ってきた方も多いはずです。
冬になる日差しが弱くなったため日焼け止めがいらないからと下地をつけないでいると、化粧ののりも悪くなりますし、紫外線でのダメージもそのまま受けてしまうことになります。
それを防ぐために下地を使いましょう。

 

特に冬に使うという事で重視したいポイントが保湿力ですよね。
肌の潤いが足りなくなる時期ですから、化粧下地で乾燥を防ぎましょう。
スキンケア効果の高い物であればなおよいです。

 

下地をしっかりつけることでしっかりメイクをしても肌への負担が少なくなりますし、ファンデーションのノリもよくなります。
肌トラブルが増える冬だからこそ、メイクを下地から見直してみましょう!

 

化粧下地,崩れない,テカらない,,

冬に強い保湿力最強の化粧下地・クラウンセルクリーム

美容マニアの私が、冬に使いたい化粧下地としてオススメするのが、クラウニングシーズの「クラウンセルクリーム」です。

 


 

クラウンセルクリームは、元々スキンケアクリームとして開発されたもの、化粧下地としても使用できる保湿クリームです。

 

今までのスキンケアのように角質細胞だけでなく、細胞間脂質にまでアプローチする事で、乾燥肌や化粧ノリの悪さを解消してくれます。

 

多くのエステサロンでも採用され、実際に活躍している商品であり、とにかく「日中に乾燥したくない!」というのであればコレで決まりです!

 

冬のお肌にとって、一番の敵は何と言っても”乾燥”

 

この乾燥を徹底的に防いで潤いを保つことで、日中の化粧崩れをバッチリ防いでくれます。
崩れてしまっても、持ち運びしやすいポケットサイズだから手直しも楽々

 

化粧下地,崩れない,テカらない,,
ちなみに、今はパッケージデザインが変わって、もう少しおしゃれな感じになっています(^_^)

 

化粧下地,崩れない,テカらない,,

 

定期購入では1本4,000円弱
化粧下地とすると値段は高く感じますが、夜用のスキンケアクリームとしても使用できると考えるとコスパはそこそこ

 

夜のスキンケアと朝のベースメイクとして使って、約1月分の容量です。
つまり、朝の化粧下地としての使用だけなら2ヶ月以上持ちます。

 

そこまで乾燥肌でない方なら、オールインワンとしてこれ一本で済ませられるため、コスパはむしろ良いと言えますね。

 

なお、今なら初回限定で1か月分が1,300円のキャンペーン中です!
この機会を逃さないで下さいね♪

 

>クラウンセルクリームを試してみる

 

 

クラウンセルクリームはオールインワン化粧下地

分類上は「クリーム」ですが、洗顔後一発目につけても浸透力は高いです。

 

化粧下地,崩れない,テカらない,,

 

不安であれば、クラウンセルクリームを気になる部分に重ね付け、さらに化粧水を”クリームの上から”つけてあげて下さい。

 

クリームの上から化粧水って慣れないかも知れませんが、不思議な事にこれが物凄く浸透して、潤いを守ってくれるんです。
これはぜひ一度試してほしいですね。

 

その上からファンデで仕上げればカンペキです。

 

化粧下地,崩れない,テカらない,,

 

クリームの保湿力が高い、というか「肌自体の保湿力を高める」効果があるので、とにかく乾燥に強い!
乾燥しないから、メイクが崩れない!

 

「保湿時間が他のクリームとはくらべものにならない」との声が多く上がっています!

 

敏感肌の方はワセリンを混ぜて

クラウンセルクリームは、低刺激処方で敏感肌でも使いやすいとされていますが、稀にそれでも刺激を感じる方がいるようです。

 

敏感肌というのは、肌のバリア機能が極端に低下して、神経や毛細血管に刺激が届きやすい状態。
これを回復するには、出来るだけ刺激を避けるとともに、肌のバリア機能を回復していく必要があります。

 

クラウンセルクリームは肌のバリア機能を担うセラミドを回復するには最適ですが、それでも刺激を感じる場合は、ワセリンなどのオイルを混ぜて使ってみて下さい。

 

オイルを混ぜることでクラウンセルクリームの成分もマイルドになり、刺激を感じること無く使えるはずです。
なお、日中にオイル浮きするようなこともありません。

 

これを1〜3ヶ月続けてみて、徐々にオイルを少なくしていき、最後はクラウンセルクリームのみでも大丈夫になれば、敏感肌もかなり改善されたと考えていいでしょう!

 

>クラウンセルクリームを試してみる

 

 

クラウンセルクリームの保湿力の秘密・冬の化粧下地に必要なこと

化粧下地,崩れない,テカらない,,

 

クラウンセルクリームは、乾燥肌や敏感肌に対して、単に潤いを与えるだけではありません。

 

今まで、肌の保湿と言えば「角質」に対しての保湿ばかりが重要視されてきました。
それは間違いではないのですが、それだけで十分でもありません。

 

角質は、決めの細かい細胞からなっていますが、その細胞の隙間を埋める「細胞間脂質」も、肌の保湿力の50%以上を担っていると言われているのです。

 

この細胞間脂質の主成分となるのが、誰もが一度は聞いたことがあるであろう「セラミド」

 

このセラミドは加齢だけでなく、乾燥や紫外線などの肌ダメージによっても減少するので、こまめに補給してあげることが重要なんです。
クラウンセルクリームは、肌のセラミドを回復して、「潤いを留める力」を底上げしてくれるクリームです。

 

しかも、肌が紫外線や乾燥でダメージを受けるのは、外出している日中!
だから、セラミドケアは夜寝る前のスキンケアだけでなく、外出している日中にこそ必要なんです!

 

その日中に、メイクベースも兼ねてスキンケアし続けてくれるのが、クラウンセルクリームの強みなんです!

 

>クラウンセルクリームを試してみる

 

 

化粧下地,崩れない,テカらない,,

クラウンセルクリームは高品質のヒト型セラミドを配合

クラウンセルクリームの主な成分である「セラミド」

 

「セラミド」と一口に言っても、その種類は700以上もあるんです。
しかも、実際に人の肌に含まれるセラミドは体内で合成されるものですから、全く同じものを作ることは出来ません。

 

しかし、似たものを作ることは出来ます。
それが、クラウンセルクリームに配合される「ヒト型セラミド」です。

 

ヒト型セラミドはお肌への親和性が最も高く、他の種類のセラミドに比較して、保湿力や浸透力に優れていることや、刺激が少ないことが特徴です。

 

ヒト型セラミドを化粧品として肌に与える事で、細胞間脂質の健全な形成に高い効果があることが、数多くの研究で明らかになっているんです。

 

ヒト型セラミドを選ぶ時のポイント

ヒト型セラミドは、お肌の保湿力を回復させるのに極めて有効な成分ですが、その一方で水に全く溶けない性質を持ち、水以外でも油や多価アルコールなどの、あらゆる成分への溶解性がとても低いことから、化粧品へ配合することが困難な成分だったのです。

 

しかし2010年ころから、ヒト型セラミドの分子を非常に細かくして高濃度分散した「ヒト型ナノセラミド」が開発され、これらの問題が解決されました。
このセラミドは肌への浸透力に優れており、実験によれば、従来のセラミドに比べて、角質層への浸透性が約9倍高いことが明らかになっています。

 

ただ、これでも「水に溶けない」という性質は変わっていませんので、セラミドを補いたい場合は、化粧水ではなく乳液やクリームを選ぶようにしましょう。

 

クラウンセルクリームもヒト型ナノセラミド配合!

クラウンセルクリームにも、浸透力やバリア機能の回復に優れたセラミドが配合されており、不足しているセラミドを補って角質層の水分保持力を高めてくれます。
このため、アトピー患者や敏感肌、重度の乾燥肌でも解消するのに大きな力を発揮すると期待できます!

 

>クラウンセルクリームを試してみる

 

クラウンセルクリーム 全成分

水、セタノール、BG、ラウロイルグルタミン酸ジ、 オクタン酸セチル、グリセリン、トリオクタノイン、 ペンチレングリコール、PCA-Na、セラミド3、 ムコールシルシネロイデス油、トコフェロール、 キサンタンガム、ヒアルロン酸Na、 ヒドロキシステアリン酸コレステリル、水添レシチン、 ステアリン酸ポリグリセリル-5、ジメチコン、 バチルアルコール、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

化粧下地,崩れない,テカらない,,

冬に使いたい化粧下地とは

化粧下地は、乾燥しやすい冬場にこそこだわりたい化粧品です。

 

化粧下地の性能は化粧のノリと持ちを大きく左右します。
良い化粧下地を見つける事が出来れば、そのほかのアイテムの良さを最大限に生かし、一日化粧崩れの心配のない生活を送る事が出来ます。

 

冬のお肌の大敵は何と言っても乾燥です。

 

冷たい風に吹かれても肌の潤いを逃がしてカサカサの肌にはなりたくないものです。
寒い季節には手がカサカサになりますが、一日中露出している顔の肌も同じように乾燥しやすい季節が冬なのです。

 

私は夏の化粧下地には崩れにくさと紫外線対策を重視していますが、冬場の化粧下地には保湿能力を一番重視しています。

 

保湿といっても効果はピンきりで、塗ってすぐは潤うけれど、時間がたつと効果がすぐに消えてしまう製品もあります。
潤いというよりはべたつき、というような製品もあります。

 

出来れば美容液のような成分で出来ている、肌の角質を安定させる効果のあるセラミドが配合された化粧下地がベストだと私は考えています。

 

もちろん、冬の紫外線対策も軽視できるわけではありません。
雪に反射した日射しは時に夏場よりも強力だったりします。
きちんとUV効果のある化粧下地とパウダーを併用するようにしています!

 

これらを考慮した結果、冬に一番オススメしたい化粧下地が、クラウンセルクリームなのです!

 

詳しくは公式サイトで♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

クラウンセルクリーム

 

関連記事

化粧下地,崩れない,テカらない,,
>クラウンセルクリームの口コミでわかる効果と使い方!