目元のクマの原因とは?

目元,クマ,対策

 

目元は、多くの毛細血管が通り、栄養や酸素を送り込む仕組みとなっています。

 

目を守る役割をしている眼窩脂肪をまぶたが支えており、まぶたの皮膚は非常に薄いため、刺激によって色素沈着を起こしやすい状態です。
洗顔時に皮膚に負担をかけて洗ったり、目にかゆみが生じた際にこするなどの刺激で、お肌が乾燥し、シワやクマができやすくなります。

 

クマには、茶グマ、黒グマ、青グマがあり、それぞれ原因と対策が異なります。

 

茶グマは、色素沈着が主な原因です。
表皮にできたしみと同じ性質をもっているものや、真皮にメラニンが沈着した場合があります。

 

紫外線からダメージを受けたり、目をこすりすぎたりすることで色素沈着が起こりやすくなります。

 

化粧品かぶれや落としきれていないアイメイクが原因となる場合もあるため、クレンジングを丁寧に行うことがポイントです。

 

黒グマは、主に皮膚のへこみなどが原因です。
元々目の下の脂肪が少ない場合や加齢によって目のまわりの脂肪が萎縮することで起こりやすくなります。

 

青グマは、血行不良が主な原因です。
目のまわりの薄い皮膚から毛細血管が透けて見えている状態です。
ホルモンバランスの乱れや睡眠不足、冷え、疲労、ストレス、パソコンの画面を長時間凝視することで起こりやすくなります。

 

目元のクマを改善するには?

クマを改善へ導くには、アイセラムをスキンケアに取り入れることをおすすめします。
クマの種類によって、アイセラムに含まれている美容成分をチェックし、自分にあったものを選びましょう。

 

アイセラムは目元専用の美容液をさし、アイクリームと比べると、一般的にお肌への浸透しやすいのが特徴です。

 

目元をホットタオルなどであたため、血行促進を促した後につけることで、より効果を実感する期待がもてます。
指のはらにセラムをつけ、あたためた目元にやさしくのせていきます。
刺激を与えないように気をつけることがポイントです。

 

血行促進に効果的にはたらきかける美容成分は、ビタミンKがおすすめです。
目のまわりの血行をよくすると共に、全身の血のめぐりをよくすることも目元のクマの改善に効果的です。
そのため、適度な運動や湯船につかるなど、身体をあたためると良いでしょう。

 

冷え性体質の場合には、サプリメントなどを併用して体質を改善するのもおすすめです。

 

セラムをつける際には、アイメイクをしっかり落とすことが大切です。
クレンジングの際は、ポイントリムーバーを使い、綿棒とコットンを用いてやさしく汚れを落とすことで、目元の皮膚にダメージを与えずに、汚れやメイクを落とすことができます。


目元のクマの原因と対策について関連ページ

すっぴんも肌に悪い!?おすすめ化粧下地は?
化粧下地のおすすめは何!?汗をかいても崩れない!テカらない!そして肌にも優しく、化粧のりが良くなってコストパフォーマンスも良い!そんな理想の化粧下地をお探しの方のために、”崩れない”化粧下地の口コミサイトでの人気ランキングをご紹介しています♪
UVケアはお肌の”保険”化粧下地でケアできる
化粧下地のおすすめは何!?汗をかいても崩れない!テカらない!そして肌にも優しく、化粧のりが良くなってコストパフォーマンスも良い!そんな理想の化粧下地をお探しの方のために、”崩れない”化粧下地の口コミサイトでの人気ランキングをご紹介しています♪
どうして冬は肌が痛むの!?化粧下地で肌を守ろう!
化粧下地の役割は、単なるベースメイクだけではありません。化粧下地はお肌に一番最初に乗せるものですから、”お肌を守る”という大切な役割もあるんです!
イエローベース(イエベ)の人のBBクリームの選び方!おすすめ化粧下地
ブルーベース(ブルベ)の人のBBクリームの選び方!おすすめ化粧下地
イエローベース(イエベ)の人のCCクリームの選び方とは!?おすすめ化粧下地
ブルーベース(ブルベ)の人のCCクリームの選び方!化粧下地のおすすめは?
イエベとブルベがわからない人の判定方法!おすすめの化粧下地は?